スタッフブログ
staff blog

★自分に似合うアッシュ系を見つけよう★

こんにちは!

京都市中京区の美容室Rulyru【ルーリールー】瀬戸亮平です。

 

ここ最近ずーっと人気のあるアッシュカラー。

赤味を抑えたブラウンに染めるのが一般的ですが、

一口にアッシュ系といってもいろんな色があります。

 

今日はアッシュとはそもそも何なのか、とか

何色で染めるのがいいのか分からないとか

そんな悩める子羊さんのために

アッシュとは何か、似合うアッシュの選び方を説明していきます。

 

まず、アッシュとは英語で灰、という意味から

灰色のことを指します。

(個人的に同じ灰色の訳のグレーと何が違うねんと思い調べましたが分からずじまいです…ご存知の方ご教授下さいませ…)

髪色でこれがアッシュ!という決まりはなく、

冒頭で書いた通り、一般的には

赤味を抑えた茶髪の事を指します。

銀色くらいの透明感の高い明るいカラーも、

ダークな暗いネイビーブルーも

ひとくくりにアッシュ系と呼ぶこともあります。

つまり、赤味を感じなければアッシュ系です。

 

ではどうやってアッシュ系に染めるのか。

Rulyruではメインで使用しているカラー剤がイルミナカラーですので

イルミナカラーを軸に説明させて頂きます。

基本的には赤味を抑えたいので

赤味の真反対の色味をぶつけて相殺していきます。

その時に選ばれることが多いのが、

・ブルー系

・グリーン系

です。

まれに

・グレー(シルバー)系

・バイオレット系

も使用されますが、ブルー・グリーンに比べて

赤味を抑える力がまろやかなため、黒髪や暗い茶髪に塗るとナチュラルな色になりやすいです。

 

イルミナカラーで言うところのブルー・グリーン系は

オーシャンとフォレストです。

ブルーの力を持ったオーシャンは

透明感を維持しつつ、赤味・オレンジ味をしっかり押さえてくれます。

対して

フォレストは

より赤味を抑えつつ、深い色味が演出出来ます。

では実際何色を選べばいいのか。

理論的な考えでいくと、自分の肌色を知るところから始まります。

例えばデパートなどの化粧品売り場のお姉さんなんかに聞くとすぐに

肌色の種類を教えてくれます。

またRulyruでもパーソナルカラー診断といって、肌色を見極めてから

お肌が1番キレイに映える色を選んでいます。

が!!

自分が染めたいと思った色で染める

 

これが一番でございます。

もちろんおまかせと言われれば解説しながら色をご提案させて頂きますが

これになりたい!という写真などがあれば

そこから美容師側が使う色を決めますし、

青と緑を提案されてなんとなく青がいいなあと思われた時はもう青でいくべきです。

 

元も子もないですが、

皆さんなんとなく好きな色やその傾向は決まっていて、

例えば僕なんかは

クローゼットを開けると服の色は

黒・グレー・白・青系がほとんどです。

もうなんとなくお分かりかと思いますが僕は1年中

オーシャン、つまりブルー系で染めています。

グリーンも試しましたが、顔色が悪くなったのでやめたり、

バイオレットやグレーは良い色に染まったのですが、しっくりきませんでした。

 

散々理屈をまき散らしましたが、

理論に囚われず、やりたいスタイル・ヘアカラーをするのが楽しくていいのではないでしょうか!!

 

これが最終辿り着いた答えです。

もちろん、素敵な提案も沢山ご用意させて頂いております。

ぜひカラーリングしに来てくださいね。

 

 

Ryohei

友達に追加してご予約変更やご相談・お問い合わせにご利用下さい。
  • オーナー・中川のLINE@はこちら
    友だち追加
  • スタイリスト・瀬戸のLINE@はこちら
    友だち追加

この記事に関するまとめ

★秘境の紅葉にレッツGO★

こんにちは!京都市中京区三条、ドライフラワーの美容室Rulyru【ルーリールー】瀬戸亮平です。   先日のお休

秋のいただき隊は調子が良い??釣ってきました!!

こんにちは!京都市中京区三条、ドライフラワーの美容室Rulyru【ルーリールー】の 最近続けているリングフィットアドベン

今年の秋冬アッシュはこのブレンドがおススメ!!

こんにちは!京都市中京区三条、ドライフラワーの美容室Rulyru【ルーリールー】の 次の休みが晴れてたら椎の実を拾いに行

ページ上部へ